前へ
次へ

家族葬のメリットとデメリット、密葬との違い

葬式における形態の中には、家族葬と呼ばれる形態があります。
家族葬とは、家族の間だけで葬式を行うものであり、弔問客は呼ばない特徴があるのです。
そのため、大きな式場を用意する必要性が無く、費用が抑えられる場合もあります。
ただし、故人の人間関係は、遺族が把握していない場合もあり、恩に対して道義的な問題を引き起こす場合もあるかもしれません。
密葬は、火葬まで家族葬と同じです。
家族葬との違いは、日を改めて本葬を行う特徴があります。
葬式を行う式場が押さえられない場合や、多くの弔問客を呼ぶ中で、日程が上手く調整でき無い場合など密葬を行う場合もあるのです。
家族葬とは、葬儀を安く抑えられるイメージが浸透しています。
これは、一概には言い切れません。
弔問客が多く 香典次第では、葬儀の費用をまかなえるだけでは無く、金銭的な余裕が現れる場合もあるはずです。
社会的に、家族葬と密葬の違いについて把握されていない人もいます。
本葬があると思われている人の中には、道徳的不信感を与えてしまう可能性もあるでしょう。

Page Top