前へ
次へ

お葬式の前に準備しておきたい物

お葬式に慣れることはありませんが、突然の訃報にも慌てず、故人を偲ぶための段取りを、たんたんと進めましょう。
例えば、香典はいくら包むべきなのか、相場もあります。
両親の場合には5万円から10万円、知人の場合には3千円から5千円です。
通夜と告別式の両日弔問するのなら、香典は通夜に持参しましょう。
また、妊娠中の場合にお葬式に出席しないほうがいい、こうした云われもありますが、故人との関係の深さで考え、香典を代理に預け、後々、ご自宅へ出向き、お線香をあげることもマナー違反ではありません。
また、お悔やみの花を贈る場合、派手な色のものは避け、ユリや菊など白を基調としたものを贈りましょう。
花屋でお悔やみの花と一言伝えれば、予算に合わせて組み合わせてくれます。
急な参列でも、必要な小物が揃っていないのは失礼です。
もちろん、汚損で困ってしまうことは致し方ないにしても、礼服は準備しておきましょう。
他にも、香典袋や数珠、ネクタイやストッキングなどは葬儀社で取り扱っている場合もありますが、準備しておきたい品ばかりです。

Page Top