前へ
次へ

お葬式での喪主の務めには僧侶への挨拶もある

喪主の役目は、通夜・葬儀を通じて、弔問される会葬者の応対ですが、それ以前に、知らなければならないマナーがあります。
故人と縁の深い立場、もちろん、悲しみや動揺もあるでしょうが、お葬式の段取りは喪主が決定しなければなりません。
人任せにできないのです。
例えば、僧侶へのお布施に関して、マナーがあることをご存じでしょうか。
初めてのことで、包む金額も分かりません。
失礼は承知の上で、おおよその額を提示して頂くような聞き方で大丈夫、分からないのが当たり前の儀式です。
お布施は、奉書紙または市販の白無地の封筒に包みます。
重なることは縁起が悪く、二重になっていない封筒を準備しましょう。
表書きは御布施と書き、下に喪主の氏名を、封筒の中袋や裏面には、住所・氏名・金額を記します。
葬儀の前に、僧侶に挨拶をする機会が葬儀社側から設けられますので、その際にお布施は渡します。
本日は宜しくお願いします、などの挨拶をしましょう。
できるなら、手渡しは避け、切手盆あるいは袱紗の上にお布施を置き、僧侶側へ表書きが分かるように向きを変えて渡すのがマナーです。

Page Top