前へ
次へ

お葬式で贈る花にもこだわりたい

お葬式で花を贈りたいなら、どのようなシチュエーションで贈るか考えますが、生花店に相談するほうが無難です。
例えば、亡くなってから通夜、告別式までの間、枕元に飾る枕花も必要です。
遺族が用意するものですが、もしも、遠方でお葬式に出席できないのなら、手軽に置くだけのアレンジメントのお花を贈りましょう。
また、葬儀の供花は、一般的に故人の関係者が、哀悼の意を示すために会場に贈るスタンド花を指します。
親しい間柄であれば、祭壇に並べる供花を出すことは可能で、バランスが崩れないような花を、葬儀社が用意してくれるようです。
後飾りは、初七日から遺骨を安置する祭壇に飾る花を指します。
通夜や葬儀に出席できなかった人が訪れ、礼拝する祭壇にお供えする供花は、卓上に置ける大きさ、加えて、四十九日までの期間飾っておくことを考慮し、菊などの傷みにくい花を選びましょう。
お葬式のマナーとして、バラなどトゲのある花は贈りません。
一般的には、ユリや菊、ランなどの白い花を使ったアレンジメントですが、後飾りでは、故人が好きな花でも問題はありませんが、その場合には、遺族の理解を得る言葉かけも必要です。
カトリックなどでは、ミサに花を贈るのが一般的、バスケットフラワーやクロス型などのアレンジメントが適しています。

Page Top